私のメル友はネカマでした。~ネカマにいろいろ聞いてみた~

ある日私のメル友がネカマだとわかりました。ネカマに対して疑問に思っていたことをそのネカマにぶつけてみることにしました。

メインイメージ

無料で利用できる出会い系サイト

2014-12-18

最近では無料の出会い系サイトというものが増えてきています。

どこまで信用の置けるものかはわかりませんが、利用規約をしっかり読んで、確実に無料なら試してみるといいでしょう。

無料で悪徳業者でなければ、会員はそれなりにたくさん集まっていると思います。

ですから、比較的出会いやすいでしょう。

だいたい年齢は20代から30代が多く、婚活を兼ねている人もいるようです。

写真をアップすることも出来、直アドの交換も無料でできるようですね。

しかし、無料であるがゆえに、サクラも入って来やすいというのがネックです。

実際、騙されたことのある人もいますし、その点は注意しましょう。

悪徳業者でなければ、通報すれば排除してくれるはずです。

無料で出会い系サイトが成り立っているということは、余程広告を出しているか、財力があるかです。

また、優良な出会い系サイトなら、広告バナーを置かせてくれという媒体も多いでしょうし、それならその分収入があります。

無料の出会い系サイトで、どれだけの確率で出会えるかはわかりませんが、無料ですからお金を気にせずにたくさんの人にメールを送れます。

返事が来ることもあれば、来ないこともあるでしょう。

しかし何度もトライできるのが嬉しいですね。

カテゴリー: ブログ 

メル友を作るなら返信しやすい状況を作りだすのがポイント

2014-12-07

出会い系サイトで、メル友を探す人が割りといるようですが、どんな話題のメールを送ればいいか、それが悩みどころですよね。

特に初めてメールを送るときには、相手から返信をもらえるような、少しでも惹きつけるものが必要になります。

うまく惹きつけることができなければ、当然ながら返信をもらうことができません。

最初のメールでうまくいかなければ、いつまで経ってもメル友をつくることができないのです。

そのサイトに集まる人の雰囲気や、相手の年齢によっても少し違ってくるのですが、初めてメールを送るのにいきなりのタメ口はよくありません。

相手の年齢層が貴方よりも上であるのならば、できるだけ敬語にしておくべきでしょう。

ただ、あまりにもきちんとした敬語では、文面が固くなりがちです。

相手のプロフィールの全体の雰囲気を見るだけでも、どんな方か分かる場合もありますので、少しくだけた敬語はOKとしましょう。

それと、絵文字・顔文字はやめておいた方が無難です。

何度かメールのやりとりをして、打ち解けてきたらちょっとだけ使って様子見しましょう。

こちらから顔文字などを使ったメールをして、その返信には一切ない、というのが2、3回続くようでしたら、一旦、顔文字などを使うのを控えておく方がいいです。

あと、若い女性がよく使う、必要のないところで小文字を使う文章は、本人は良くても受け取る男性にはウケが悪いこともありますよ。

小文字を使う文章とは、例えば「おはよー」を「ぉはよ〜!」と言った具合のものを指します。

内容的にオススメなのは、相手のプロフィールに書かれていることを話題にあげることです。

できれば、質問系の文章にすると、相手も返信しやすいのではないでしょうか。

例えばこんな感じです。

「初めまして、私は○○と言います。メル友を募集しているので、よろしかったらお願いします。

ところで、××さんは映画鑑賞が趣味なんですね。今まで観た中で印象に残ってる作品ってなんですか?

私は・・・・・・・・(映画タイトル)にハマって、DVDも買ったくらいなんです」

こうすると、相手は自分の好きな映画のタイトルを答え、貴方の好きな映画のことに触れて質問をくれるかもしれません。

そうすると、貴方もまた質問に答えるために返信をしますよね。

このように、返信しやすい状況を作りだすのがポイントなんです。

相手の趣味に興味がなかったとしても、自分の趣味を引き合いに出して質問をするのもいいでしょう。

「私は年齢ながら漫画好きで、週刊の少年雑誌なんかをよく買って読んでるんです。××さんは漫画は読まれますか?

もし読まれるとして、どんなものをよく読まれてるんでしょうか」と、こんな感じです。

どちらの例の場合も、相手に質問を投げかけるだけではなく、そこにご自身のこともさりげなくアピールすることです。

相手に質問ばかりでもよくありませんが、自分のことばかりを書くのもまた印象の悪いものです。

他の話題をふるのであれば、最近のニュースで面白かったもの、相手の居住地域が近隣であれば地域のことが無難でしょう。

ニュースでは、重い事件や政治経済はさけておきましょう。

とは言え、重い話題で討論的なことをするのが好きな人もいますし、政治経済に興味を持っている人もいることでしょう。

いずれにしろ、相手のメールを送る前に、プロフィールを見てみることです。

性格的なことも、そのプロフィールで拾えますから、そこからふる話題をチョイスできれば、メル友つくりの達人になることもない話ではないですよ。

カテゴリー: ブログ 

完全無料出会い系サイトのメリット

2014-11-30

完全に無料になっているサイトには大きなメリットがあります。

無料ということで人が利用しやすくなっていて初めての人でも利用しやすいようなサイトになっています。

どのような雰囲気なのかを感じやすい特徴ももっています。

当然本格的な出会いを体験したいと思っている人も利用していけるものです。

時間を上手く利用したいと思っている人も利用しているので効果的に利用できれば多くの人と出会いを体験することができます。

出会いをしてもすぐに関係が切れてしまうことも多いようですが、その後にまた多くの出会いが待っていることになります。

比較的若い人が利用していることが多いようです。

無料の出会いのサイトには多くの人が利用していることになりますが、特に男性の利用率は高いものがあります。

そのため男性の女性に対する競争というのがあります。

そのためこれらの競争に勝たなければ出会いは難しくなります。

この状況をどう見るかによって対応が変わってくるでしょう。

無料のサイトは、やり取りをするたびにお金がかかる有料のサイトとは違い、どれだけやり取りをしようと無料になっています。

お金を支払う必要性はないと言えるでしょう。

そのため玉砕覚悟のやり取りも自由に行うことができます。

それらの気軽さによって成立する関係もあるので、意外と馬鹿にできません。

自分の好きな作戦でせめていけるのも大きなポイントでしょう。

女性は多くの男性からアピールされるのでちょっとした優雅な気持ちを体験できます。

カテゴリー: ブログ 

出会い系サイトの同時登録の怖さ

2014-11-21

同時登録の出会い系サイトって結構あるようです。

もちろん悪質サイトでなく、同系のサイトの登録だけされる場合がほとんどです。

ですから、それほど慎重に考えていませんでした。

ある時に登録したときに、有料サイトとの同時登録が書かれていましたが、それも別に利用しないつもりでいたので、気にせず登録しました。

しかし、その無料サイトではぜんぜん女性の返信が来ないのです。

それどころか有料サイトからは女性からどんどんアタックしてくるのです。

でも有料サイトだからちょっと無理だと思っていました。

もちろんメールもポイントが購入されてないので見れないと思っていました。

でも、開いてみたら入れてしまったのです。

これはサービスだと思い、取りあえず見てみるだけと思って開きました。

女性からの楽しそうなメールがたくさんありました。

こんなことならちょっと有料サイトを利用してみてもいいぐらいの気分でした。

そこでちょっとメールも送ったみたんです。

そしたらその返信もきちんと来たんです。

サービス期間だけでもこんなに女性と接触ができるのだからすごいと思いましたね。

でもあるとき、僕のポイント数ということで連絡が入りました。

そろそろサービス期間も終わりかと思いました。

すると僕のポイントがマイナス5,000ポイントとあったんです。

これですべてが分かったんです。

もちろんすぐにその5,000ポイントのマイナス分金額5万円を入金しなければ、大変なことになってしまいました。

しかし、この場合、登録されるだけで、スタートの始まりもなにも連絡がなかったので、このような場合はこちらが無視しても大丈夫な問題なのです。

今回のように自動的にポイントが使われた場合はこちらの承諾がないので、法的にはこちらの方が強い立場になりますので、払うことはないと思いましょう。

ただ、それだけでなく、いろいろな落とし穴がセットされていることもあるので、消費者センターや警察にも届けておいた方があとあと問題が起こらないこともあります。

間違っても5万円を払い込むようなことはやめましょう。

それによってこの手の犯罪はいつまでも無くならないことになってしまいます。

カテゴリー: ブログ 

疑問に思っていたことをネカマにぶつけてみた

2014-09-26

幸か不幸か、私のメル友がネカマであることに偶然気付きました。

成り行きにまかせ、今まで疑問に思っていたことをそのネカマにぶつけてみることにしました。

まずは、ベーシックなところから始めました。

「どうしてネカマになったのですか?」

「人を騙そうとかそういうのじゃないの。ただ、あたしは女の子の可愛い所が大好きで自分もそうなれたらって思ってるだけなの。それに男性って女の子には特別な扱いをするでしょ?あなただって、あたしが女性だと思ってメールしてくれてた時はとても優しくて、あたしはそれを読むと癒されてたのよ。一人の女性として大事にされてるような気がして嬉しかったわ

「そんな風に感じてたとは知りませんでした。ところで、相手は私だけですか?」

「いいえ、ほかの男性とも何人かお付き合いしていますわ。だって、こんなに沢山の男性がいるのに一人だけなんてもったいないわ。色んなタイプの方とお付き合いしたら、それだけ楽しみも増えるわ。中には完全に私を女性だと信じ込んでいて、本当に交際したいって言ってくる人もいるのよ。今は適当に扱ってるけどそろそろ潮時かしらなんて思ってる。あなたには残念ながらバレちゃったけど、そういう人もいるのよ」

「それって騙してることになりますよね?良心はとがめないんですか?」

「さっきも言ったけど、あたしは騙してなんかいないわ。勝手に勘違いしてる相手が悪いのよ。だいたい、どの男性も下心があってあたしにメールをくれてるわけでしょ。だから、ちょっと誘っただけでほいほいついてくるのよ。君の体が見たいって、あからさまに言ってくる人もいるぐらいよ」

「その時はどう対応するんですか?本当の女性の写真とか送るんですか?」

「まさか。相手にネカマだってバレてもいいからもうメールは送らないの。でも痛くもかゆくも無いわ。ネット上には、あたしと付き合いたいっていう男性が沢山いるんだから、また次の男性と楽しめばいいのよ

「私とはどうなりますか?」

「あなただって続けるのは願い下げでしょう?でも残念だとは思ってるわ。あなたって頼りがいあって優しそうなんですもの」

これで質疑応答は終了。

この後、お互いメール交換をすることはなくなりました。

カテゴリー: ネカマについて 
Copyright© 2014 私のメル友はネカマでした。~ネカマにいろいろ聞いてみた~ All Rights Reserved.